ポケットWiFiを使ってきていますが、305ZTを使うようになってさらに良くなっています。
これまでのポケットWiFiでは502HWなどを利用していましたが、通信回線がLTEのみなので7GBの制限がとても残念でした。
しかし、305ZTにしてからは無制限のAXGPが使えるのでとても快適になりました。

ポケットWiFiでは契約では回線種別は気にしなくていいです。
その環境でもっとも良い回線を自動で選んでくれる機能がルータに備わっています。
これまではWIFIかLTEの切り替えだったのですが、そこにAXGPが加わったことで高速通信が2つ、WIFIが1つから自動で選んでくれます。
また、高速通信についてはキャリアアグリゲーションと呼ばれる回線を束ねる機能が働きますのでさらに高速な通信を実現してくれます。
これらの通信は他の通信キャリアでも似たようなサービスがありますが、7GBを超えても制限がないのはポケットWiFiだけとなっています。

7GBを超えるとAXGPが使えれば速度制限がなく利用可能です。
ポケットWiFiを使用した際にもっとも感じるのがAXGPの有効性かもしれません。
また、AXGPが使えない地域でもLTEがありますので実質的に日本全国で使える環境となっています。

ポケットWiFiのルーターは機能ごとにわかれていますが、年々バッテリー容量が大きくなっているのもうれしいところです。
305ZTなら日中はほぼ充電が入りません。自分で使った限り8時間がバッテリーがもっていたので今はモバイルバッテリーなどの予備バッテリーは持ち歩かなくなりました。
また、おもしろいことにスマホがバッテリーを使わなくなってきたのもよかったです。これはLTEではなく、WIFIでネットに繋がるのでバッテリーが減りにくいのだそうです。

ポケットWiFiではソフトバンクのWIFIスポットが無料で使えます。
ソフトバンクのWIFIスポットは全国に配置されているので人混みが多いところではほぼ使えると思ってもいいみたいです。
実際使ってみるとWIFIでつながっていることを気にすること無く利用できてよかったです。
WIFIの設定はルータに行いますが、初期設定で行われているのでこちらではなにもしなくてもよいです。
また、WIFIスポットが混雑することも多いですが、ソフトバンクのWIFIスポットは高速通信ができることが多く、動画なども気兼ねなくみれてよいです。